香りと記憶

こんにちは
大和田の杜治療室院長の青木です

7月も終わりですね

時間は誰にでも平等に存在するはずなのに…
どんどんあっと言う間に過ぎ去ってしまうように感じるのは何故なんでしょうね?

そんな命題に取り組んでいたら、1日が終わってしまうので…
それはさておき

今日は香りについてお話ししたいと思います

なぜそんな話かというと

メディカルアロマの勉強をしているからです

ただただブログをサボっていたのではないんですよ〜
4月から勉強してたんです!!

まぁこれもサボっていたことを正当化しようとしているだけですけどね(^^)

とりあえず、来月試験なので頑張って勉強します

さて

本題に移りましょう

本題って??
そう、香りと記憶の話

ある香りを嗅ぐと記憶が呼び戻されるとかってありませんか?

例えば

お線香の香りを嗅ぐと、おばあちゃんのお家を思い出すとかです

さらに言うと

それが楽しい思い出なら…

ワクワクして身体が軽くなったりもしませんか?

なんでそんな事が起こるかと言うと
嗅覚は脳にある大脳辺縁系という感情や記憶を司る部分に直接繋がっているからと言われています

ちなみに
五感の中で嗅覚以外の味覚、聴覚、視覚、触覚は大脳の皮質を経由しています

なんて言ってしまうと嗅覚だけが特殊な気がしてしまいますが…

実際は、ある人に怖い思いをさせられたら、その人の写真を見ただけで身体がこわばるっていう話も聞いた事があるので、それだけでもないかなぁと

じゃあ何っていうと

ある出来事に感覚と感情がリンクして記憶されてしまうと、容易にフラッシュバックしやすいって事なんじゃないかなぁ
その中でも嗅覚はリンクしやすいのかもしれないとは思いますけどね

ということで
気分が落ち込んだ時は、楽しい思い出の香りを嗅ぐと良いのかもしれません

本格的に成分による作用を期待したいあなた
そんなあなたに朗報です!
アロマのコースを増やすに当たって、モニター大募集!
8月末から募集開始しますので、どうぞお見逃しなく

詳しくはホームページをチェックしてみて下さいね
大和田の杜治療室ホームページ

LINEでご相談もお待ちしております!
友だちになる

Facebookでのいいね!も大歓迎です。
大和田の杜治療室Facebook

メールでのお問い合わせもお待ちしております。
owada-info@owadanomori.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です