イランに行って来ます

寒い日が続いていますね。
寒さのせいか風邪を引いてしまった大和田の杜治療室院長の青木です。

今日からイランに行って来ます。

何故イランかというと…
アジアカバディ選手権大会に出場する日本代表チームの監督として帯同するからです。

マイナースポーツとして名高いカバディ。

聞いた事はあっても、どんなスポーツか知らない方が多いと思います。

という事で、ルールの動画です↓

こんなスポーツを約20年やっていました。

今は引退して試合を見に行く程度だったのですが、今回イランという国でアジア選手権大会が行われることになり、宗教上の理由から臨時の監督に抜擢されました。

臨時とはいえ大役。

身を引き締めて臨もうと思っていたのですが、行く前から風邪…
やっちゃいましたね…

とりあえず、選手にうつさないよう気をつけて行って来ます。

そういうわけで、治療室は29日までお休みです。
Wi-Fiがあまり普及していないみたいなので、LINEやメールの返信も遅くなってしまうと思います。

ご迷惑お掛けしますが、よろしくお願いします。

触れるということ

こんにちは。
鍼灸マッサージ大和田の杜治療室の青木です。
11月とは思えないくらいの暖かい日が続いていますね。洗濯物も良く乾きます。
ということは、乾燥に注意ですね!

乾燥すると手がカサカサしたり、肌がカサカサしたり…

人の身体に触れる職業柄、良く手を洗うのですが、洗えば洗うほど皮脂も減ってしまうのでカサカサしがち。
手がカサカサしてしまうと、触られ心地が悪いだろうと思うので、日頃からカサカサしないように気をつけています。
と、いっても元々カサカサしないタイプなので、怪しいときにココナツオイルを塗る程度。
ハンドクリームを厳選しているかたには申し訳ないレベルのケアですね。

触られ心地、触り心地。
人に触れる仕事について気にはするようになりましたが、じゃあ触れるってどういうことっていうのを深く考えた事はありませんでした。

そんな私に触れるを再認識させてくれる本に出会いました。

その本のタイトルが
「触れることの科学」

なんとも魅惑的な本ですね。
まだ数ページしか読んでいませんが、触れることの奥深さと無限大の可能性を感じられる内容だと思います。

ということで、触れるを再度勉強して、ますます仕事に邁進していきます!