チョコ中からの脱却

こんにちは
大和田の杜治療室院長の青木です

突然ですが、皆さんチョコレート好きですか?

なぜそんな質問かというと…

何を隠そう
いや、隠してもいないんですけど

私チョコレート大好きなんです!!

チョコレートのポリフェノールが身体にいいとか言われてますが…

市販のチョコレートの成分を見るとほとんど植物油脂が入っています
さらに砂糖も結構な量が入っています

身体に良いのか、悪いのか…
って感じですよね

でも、大好きなのでやめられなかったのです

なので、せめてハイカカオでカカオバターと黒糖で作られたものを買って食べていました
ほぼ毎日
しかも、ひとかけらとかでは辞められず、半分とか一枚とか…

黒糖でもGI値はそこそこ高く99なので、血糖値スパイクは起こすよねっていう突っ込みが聞こえてきそうです

もちろん、わかっていましたよ
わかっていても、やめられなかったのです

それはもう、ほとんど中毒でした

それが、最近チョコレートを食べたいとあまり思わなくなってきたのです
そもそも、甘いものがそれほど食べたいと思わなくなっているのです

体質改善の効果があらわれてきたのかも!!

その方法が知りたいあなたは

LINEでご相談お待ちしております!
友だちになる

ホームページをチェックしてみて下さい
大和田の杜治療室ホームページ

Facebookでのいいね!も大歓迎です。
大和田の杜治療室Facebook

メールでのお問い合わせもお待ちしております。
owada-info@owadanomori.com

栄養豊富なアレが育っています

こんにちは
女性のための治療室「大和田の杜治療室」院長の青木綾です

突然ですが

これは何の芽でしょう??

ヒント

イタリアンによく使われるアレです

そう!
バジルです!

毎年、苗を買ってきて育てたのですが

今年はステップアップして、種から育てることにしました

以外と簡単に芽が出て、双葉が開き、本葉も出て来ました
バジルはね…

実は
バジル以外も一緒に種まきしたんです…
パクチーとイタリアンパセリもね

まだ芽が出ないの??
いえ、いえ…
まぁ、いわゆる全滅です

パクチーは発芽したんですけどね…

でも、朝水をあげずに出かけたら
夕方帰ったときには既に枯れていました…
チーン(涙)

パクチーは去年も種から育てようとして失敗したのです
去年は水をあげすぎたのか
徒長というヒョロヒョロと伸びてしまう現象が起こってしまい
最終的には倒れて枯れました(涙)

今年は水を気をつけようと思ったら…
あげなさすぎて枯れてしまいました

ごめんよ
パクチー

今度はもう少し水あげるからね

ということで

リベンジ!!
空いてるスペースにもう一度パクチー蒔いてみました

今度こそ、大きく育てるぞ〜!!

それにしても
同じ環境で育てているバジルは元気ですねぇ

皆さんもバジルのようにどんな環境でも元気に育っていける身体を作っていきましょうね!!

ちなみにバジルは…

βカロチン
ビタミンE
カルシウム
マグネシウム
鉄分

などの栄養が豊富です
が…
ジェノベーゼにでもしない限り大量に食べられるものではないので、そこまでの補給は見込めないですかね…
まぁ、ちょいちょい足していくことで、少しずつ補填はされるので…

香り成分として
リラックス効果があるものや、免疫力を高めてくれるものも含まれていて、食欲促進なんかも期待できるので、夏バテで食欲が落ちている方にはオススメですよ

ということで、バジルのように元気になりたいあなた
詳しくは当院のホームページをチェックしてみて下さい
大和田の杜治療室ホームページ

LINEでご相談もお待ちしております!
友だちになる

Facebookでのいいね!も大歓迎です。
大和田の杜治療室Facebook

メールでのお問い合わせもお待ちしております。
owada-info@owadanomori.com

あ〜
締めが昨日と変わらないような…

腸内細菌と妊活の意外な関係

こんにちは。
右足の骨折が治って来たと思ったら左足を怪我してしまった、さいたま市の鍼灸マッサージ療院「大和田の杜治療室」院長の青木です。

突然ですが、毎日うんこ出てますか?
いきなり下ネタ??

いいえ。違います。
真面目な話です。

便秘に悩んでいるというのを良く聞きます。
とくに女性は多いですね。

かくいう私も、昔は便秘でした。

でも、今はほぼ便秘知らず。
どうして、便秘知らずかというと…
そのヒントは今日のお話しにあるかもしれません。

ということで、今日は腸内細菌と便秘の話です。

《目次》
1.便秘を解消したほうが良い理由・その1
2.便秘を解消したほうが良い理由・その2
3.便秘を解消したほうが良い理由・その3
4.腸内環境を良くするには?
5.まとめ

1.便秘を解消した方が良い理由・その1

妊活さんも更年期さんも、それ以外の方も、便秘は解消した方が良いと思っています。

なぜなら、排便=不要なものを外に排出することをだからです。
肝臓は身体に入って来た毒を分解して排泄しやすい状態にしてくれます。
それを、便、尿、汗、息から外に出します。
そのうち便が占める割合は、実に75%。

便秘になるということは、その不要なものを排出できないということになります。

そうなると、
不要なものを餌に悪玉菌が増える

増えた悪玉菌が毒素を出す

その毒素が身体に吸収されてしまう
ということが起こってしまいます。

毒素が吸収されてしまうと、その毒素が身体に害を与えないように分解しなければいけません。
分解するためにはビタミンやミネラルが必要になります。

そうなってくると、妊活のためにビタミン剤などを飲んでいても他のことに使われて、妊活には使われなくなってしまいます。

2.便秘を解消した方が良い理由・その2

便秘をすると腸内に不要なものが溜まってしまうと、悪玉菌が増え、腸内に毒素が増えてしまうことはさっき説明しました。
そうなると、さらに困ったことが起こってしまいます。
それは栄養を吸収する力も落ちてしまうことです。

妊活さんも更年期さんも、栄養を気にして食生活を改善している方が多いと思います。
サプリメントを活用されている方もいるかもしれません。

それなのに中々体調が良くなっていかないという方は、便秘が原因で吸収されにくくなっていて、効果が出ないのかもしれません。

2.便秘を解消した方が良い理由・その3

腸内環境が悪くなって便秘になる。そして、便秘によってますます腸内環境が悪くなると、栄養が吸収されにくくなるだけでなく、腸内細菌による恩恵にもあずかれなくなってしまいます。
なぜかというと…
腸内細菌によって作られるビタミンというものがあるからです。
ビタミンK
ビオチン
葉酸
パントテン酸
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
が腸内細菌によって作られているということが分かっています。
腸内環境が悪くなると、その作られる量も減ってしまいます。
特に葉酸なんかは妊活はもとより妊娠中の胎児の成長にも関わるビタミンです。
食べ物として食べきれない分を腸内細菌にまかなってもえると思うと腸内環境を良くしようと思いませんか?

また、鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛なんかも腸内環境によって吸収率が変わってくると言われています。
特に鉄は酸化されていないと吸収されにくいと言われていて、胃酸による酸化だけでなく、乳酸菌などが出す酸によって酸化されることが、非常に重要です。

4.腸内環境を良くするには?

では、便秘を解消するにはどうしたら良いのかというと…

セルフケアとしてできることは

①水分をとること
Blogを続けて書いていると、なんだか水分をとることと運動することばっかり言っている気がしますね…
まぁ、それだけ重要なことだということで。
しつこいようですが水分補給してください。
いつも言っているように体温より少し高めの40℃くらいの白湯がおすすめです。
お茶もジュースも水分量には含まれません!!←今日は強め
量としては体重1kgに対して30mlが目安です。

院長は体重◯◯kgなので…1.8ℓ以上です!って体重をふせた意味ないですね…

②運動すること
運動をしたほうが内蔵の動きも良くなります。
特に歩くと腸腰筋が動きますので、それに刺激されて腸の動きも良くなります。
1日30分以上の少し息が上がる程度の早歩き、またはジョギングなどがおすすめです。

③発酵食品をとる
ヨーグルトでもいいですが、乳糖不耐性のかたもいますので、糠漬け・キムチ・梅干などの漬物類には乳酸菌がたくさん含まれているので、おすすめです。
また、乳酸菌も色々な種類がいますから、色々なものからたくさんの種類をとるのが理想です。
でも、買うときは保存料や化学調味料をたくさん使っているものが多いので少し注意してください。

④菌のエサとなるものをとる
良い菌だけとっても、そのエサとなるものがなければ、元気に働けません。
人間だってご飯食べないと元気でないですよね。
菌だって一緒です。
じゃあ、乳酸菌のエサがなにかというと。
食物繊維とオリゴ糖。
食物繊維は水溶性と不溶性とありますが、菌のエサになるのは水溶性。
しかし便秘の解消となるとどちらも重要。
野菜、海藻、豆類、全粒の穀類などに多く含まれています。
オリゴ糖は豆類、玉ねぎ、はちみつなどに多く含まれています。

5.まとめ

というとこで、今日は腸内細菌と便秘についてお話ししました。
今日から出来そう!!と思ったあなた。
楽しんで腸活してください。

そして、難しそうと思ったあなた。
無理に頑張らず、少しずつ楽しめる範囲でやってみてください。
無理をしてストレスになってしまったら、効果も半減ですから。

もうすでに取り組んでるけど、結果が出ないというあなた。
そして、少しづつ取り組んでるけど、効果を早くだしたいあなた。
当院に一度ご相談ください。
当院では内蔵を調節することで、本来の排泄力を呼び起こします。
あなたも便秘を解消し、妊娠しやすい体へと変わっていきましょう!

とは言ってもいきなり電話予約するのではなく、まずはホームページをチェックしてみてください。
大和田の杜治療室ホームページ

LINEもチェックしてみてください!
友だちになる

Facebookでのいいね!も大歓迎です。
大和田の杜治療室Facebook

メールでのお問い合わせにも、もちろんお答えします。
oowadanomori@gmail.com

油と女のあれこれ

妊活、更年期と食事のことを考えてみました。
で、何を優先的に変えるのが良いかなぁと思い悩んだ結果、先ずは油と腸内環境かなぁと思ったので、今日は油の話をしようと思います。
腸内環境の話は、また後日お話ししますね。

《目次》
1.油はなぜ大事なの?
2.どんな油を選べば良いの?
3.オメガ3はどんな食べ物に含まれてるの?
4.炒め物には?
5.まとめ

1.油はなぜ大事なの?

油って、イメージだけで考えると悪い感じがしますよね。
でも、油はすご〜く重要なんです。

そう!ミランダカーも言っていました!
「油マネジメント」って。

油ってカロリーの塊みたいなイメージ持っていませんか?
そんな悪いイメージを持たれている油。
でも、一部のホルモン作ってるのも油です。

ホルモンにはペプチド型、アミン型、ステロイド型と大きく分けて3種類のホルモンがあります。

そのうちステロイド型のホルモンは油でできています。

ステロイド型のホルモンにどんなホルモンがあるかというと…
そう、妊活さんも更年期さんも、よ〜くご存知のホルモン。
そう!
女性ホルモンです!

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。
そして、このホルモンがステロイド型ホルモンなのです。

ステロイドホルモンの原料は油です。
ということは、妊活はもちろん、更年期にも良い油を取ることが重要だということです。

2.どんな油を選べば良いの?

じゃあ、どんな油が原料になるかというと、今流行りのアマニ油、エゴマ油に代表されるオメガ3です。

オメガ3は多価不飽和脂肪酸の中の1つで、炭素鎖のメタル末端から3番目の炭素-炭素結合に二重結合を持つという油で…←難しいのでさらっと流します
DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、αリノレン酸の3種類に分類されます。

この、オメガ3がホルモンの材料になるのです。

ちなみに他にどんな油があるのかというと…
飽和脂肪酸→ラード、ココナツオイル
オメガ6(多価不飽和脂肪酸)→コーン油、ひまわり油
オメガ9(一価不飽和脂肪酸)→オリーブオイル
結構、色々有りますね。
何が良いのか迷っちゃいますね。
とは言え全部を語っていくと長くなっちゃうので、これらが良い油かどうかは、またの機会に。

3.オメガ3はどんな食べ物に含まれてるの?

オメガ3が大事なのはわかったけど、じゃあオメガ3はどんな食べ物に含まれてるの??って思いますよね。
もちろん、さっき言った、アマニ油やエゴマ油にはオメガ3が含まれています。
どのくらい含まれているかは、品質次第なので、成分表示なんかを良く見て確かめて下さい。

他には、DHAやEPAは魚に多く含まれていて、特に青魚にはたくさんの含まれていると言われています。
ということは…
今の時期だと、秋刀魚ですね!!

油の乗ったサンマを焼いて…
大根おろしを添えて…
美味しいですよね!

でも、オメガ3を摂るという意味では、お刺身の方がオススメ。

なぜなら、オメガ3は酸化しやすく熱に弱いからです。
アマニ油やエゴマ油を使うときも、炒め物などに使うのではなく、ドレッシングなど火を通さず使うのが摂取する際のコツです。

4.炒め物には?

じゃあ炒め物にはどんな油を使うのがいいかというと…
ずばり、オメガ9または飽和脂肪酸です。

なぜかというと、酸化しにくいから。
飽和脂肪酸のなかでも動物性のものについては賛否両論ありますが、私は酸化しやすい油を炒め物に使うよりはいいと思っています。
それでも、気になる方はエキストラバージンのココナツオイルがいいと思います。
ただ、独特な香りがするので、料理によって使い分けるのがコツ。

また、紅花油はオメガ6と分類されているホームページが多く見られますが、最近の紅花油はハイオレイック種がほとんどです。
ハイオレイック種ということはオレイン酸が多く含まれるオメガ9。
ということで、オリーブオイル、ココナツオイルでは、香りが気になるという場合はハイオレイック種の紅花油もお勧めです。

5.まとめ

ということで、油のことについてお話ししてきました。
ホルモンバランスが気になる、妊活さん、更年期さん。
オメガ3を摂ること、、炒め物の油を、オリーブオイル、ココナツオイル、ハイオレイック種の紅花油に変えることで、身体が変わるかも?!
今日から「油マネジメント」しましょう。

油以外にも、当院では妊活や更年期に特化した施術やアドバイスをしています。
興味を持って下さった方、まずはホームページまたはLINEをチェックしてみて下さい。

大和田の杜治療室ホームページ

お友達申請お待ちしております!
友だちになる

Facebookでのいいね!も大歓迎です。
大和田の杜治療室Facebook

メールでのお問い合わせにも、もちろんお答えします。
oowadanomori@gmail.com